長年多くのユーザーに愛されてきたWindowsXPも、2014年4月にサポートサービスの期限を迎えます。
人気が高く延長されてきましたが、時代の流れでしょうか、交代を迎える時が来たようです。既にビスタ、Windows7,Windous8,が市場に出回っているので、マイクロソフト側としては、準備は整っていると言うことでしょう。


またサポートサービスが切れてもインターネットに接続しなければ、ウィルス等の感染の心配もなく、使用出来る訳ですが、USB等により外部からデータ入力の時に、感染する可能性もあり、今までマイクロソフトのサポートサービスが、いかにセキュリティに大きな貢献をしていたかを、考えさせられます。



現在もXPの利用者はまだまだ相当多く、2013年1月現在システムの約40%近くのシェアで、これは、Windous7に次ぐもので、ビスタ、Windows8よりもはるかに多くの利用ユーザーがあると言う事を示しています。
来年4月以降このユーザーが、どのようにこの変化を超えていくか、注目されています。

※より詳しく知りたい方へ
http://unitedchurchvernon.com/



WindowsXPは2001年に発売され、現在でも多くのユーザーが存在するOSです。このOSの良いところのひとつとして、今までのOSと違いオンラインで手軽にサポートを受けられる点が挙げられます。
インターネットに接続されているのであれば、OSに何かしらの更新があったり脆弱性が発見されたりした場合に、自動で修正ファイルをインストールすることができます。また、使い方が分からない場合にもOSの標準ヘルプを見る以外にオンラインで問題の解決法を参照することが可能です。基本的に発生した問題に対して質問に解答することで解決法にたどり着けるため、ほとんどの場合はこれで問題を解決できます。

オンライン環境が整っていない場合でも、郵送で更新ファイルを入手することもできます。多少時間はかかりますが、確実に更新ファイルを入手でき、インストールの手間も少ないものです。こうした手厚いサポートは、さすが大手のメーカーならではのものといえるでしょう。

マイクロソフト社のwindowsXPのサポートサービスは、パソコンを外部の攻撃から守りたい人におすすめです。

しかし、windowsXPのサポートサービスは来年終了予定になっています。

マイクロソフト社のサポートサービスが終了すると、更新プログラムのサービスが受けられなくなってしまうので、スパイラルウェアの被害にあった場合でも治すことができなくなってしまいます。


ですが、現在使用中のPCがまだまだ現役で使用可能なら、無償で活用・再生可能なオペレーティングプログラムが実在しています。XPでは入り込むことができなかった情報にも簡単に入り込むことができますし、今まで重たくなっていた動作もスムーズになり、快適なネット環境がお手持ちのパソコンで使用できます。


XPのようにサポートサービスの終了ということもありませんし、ライセンスも不要ですので、複数のパソコンに無料でインストール可能です。セキュリティーも強固で、ウィルスやスパイラルウェアの被害を心配する必要がない夢のようなシステムです。XP終了を機にお手持ちのパソコン環境を新しく再生してはいかがでしょうか。

Copyright©2013